イマドキの平屋|愛知県で平屋を建てるならハウスウェル<

タイトル
タイトル

愛知県で平屋のスタイルへのお問合せも増えています。
一般的には、高齢になった際に階段の上り下りがないゆったりとした生活を送りたい、など先の心配が多いかと思います。
では、平屋のメリット、デメリットを考えてみましょう。

平屋
平屋

メリット

1. 家族のコミュニケーションが取りやすい。
平屋は同じフロアにすべての生活スペースが収まります。そのため家族で顔を合わせることが多くなります。
2. 構造的に安定しやすい
耐震性を考える時に重要なのは建造物の重量です。重いほど地震に対しての揺れは大きくなります。
その点平屋は地面に対しての重量が軽くなりますから有利です。
3. かっこいいデザインとスペースの有効活用
平屋は横への広がりが大きくなるので、重心が安定したどっしりとしたデザインとなります。
構造的にももちろんですが、見た目も安心感がありかっこいいデザインが出来上がります。
また、階段がいりません。一般的に階段やそのホールに必要なスペースは4~5畳と言われています。
そのスペースを書斎や、ママルーム、キッズルームなど様々な使い道が考えられます。
4. メンテナンスが容易
住宅は建てたら終わりではありません。定期的なメンテナンスや普段のお掃除も平屋ならさほど大変ではありません。
5. バリアフリーの平屋で安心な老後
高齢者になるとちょっとした段差が転倒やけがのもととなります。
もともと階段の無い平屋をバリアフリー設計で建てれば、老後も安心して生活できます。

デメリット

1. 工事にかかる建築費が高くなる
同じ床面積の建物を2階建てと比較をすると、基礎部分の面積は平屋の方が広くなるため
建築コストが上がってしまいます。屋根に関しても同じですね。
2. 広い敷地が必要
同じ部屋数を作る場合、1,2階で分けられる2階建てよりも
平屋の方が当たり前ですがその分広い敷地が必要になります。
3. 日当たりの確保が難しい
平屋で面積が広くなればなるほど、建物の中心部は日当たりの確保が難しくなります。
中庭を設けたり、天窓を配置するなどのくふうが有効になりますが、コストアップにもつながります。
4. 防犯的には不安
1階フロアに大きな窓を構える平屋の場合、プライバシーの観点からはもちろん、防犯面でも注意が必要です。
防犯ガラスにする、防犯フィルムを貼る、センサーライトを設置するなど必要です。


デメリットをより減らすご提案をすることが私たちの役割です。
平屋スタイルも是非ハウスウェルへお任せください。

タイトル
タイトル
はじめの一歩
はじめの一歩
はじめの一歩
はじめの一歩
お問い合わせ

ページトップへ戻る