イマドキの二世帯住宅|愛知県で二世帯住宅を建てるならハウスウェル

タイトル
タイトル

最近愛知県で二世帯住宅のオーダーや、お問合せが増えてきました。
夫婦共働きや、元気なシニア層が増え、家事や育児のサポートなど
メリットがたくさんあることが理由のようです。
また、最近の土地価格の上昇や、選べる物件の少なさも影響していると思われます。

誰と暮らすどんな二世帯住宅なのか、それぞれどんな住まい、暮らしを求めているのかによって
間取りがが大きく変わりメリットはより多く、デメリットはより少なくすることができます。

イマドキの二世帯住宅のスタイルをご紹介します。

二世帯住宅
二世帯

独立スタイル

玄関・キッチン・LDK・水廻りなどすべての生活空間を分離。
親世帯・子世帯が独立して暮らすスタイル。室内で行き来のできる共用スペースがあると便利。
◎メリット:プライバシーを確保できる。間取り、設備仕様を世帯ごとに選べる。
 お客様を招いたり、兄弟が帰省したりしやすい。

半独立スタイル

玄関やリビングは共有、キッチン・水廻りといった世帯間で
気を遣いやすい場所は分離するなど、共有部分と分離部分を設けるスタイル。
共有・分離をしっかり見極めなければ、結局気遣いの原因となったり、
必要なスペースが狭くなったりすることも。
◎メリット:日々交流ができ家事や育児の協力がしやすい。
 プライバシーを守れてストレスが少ない。

共有スタイル

寝室をはじめ個室を除いて、玄関・LDK・水廻りはすべて共有。
一緒に料理をしたり、子供、孫を育てたりできる。
一方で、プライバシーの確保と親子間での過干渉や甘えすぎを防ぐ配慮、空間も必要。
◎メリット:家族がひとつになりやすく家事や育児を共に行える。
 生活費や、光熱費の一元化が可能。
二世帯住宅
二世帯

二世帯住宅のスタイルが決まったら、ハウスウェルではご要望に合わせて、
より綿密にプランニング。暮らしやすさを追求していきます。
また、新築した二世帯住宅で全員が気持ちよく生活していくには、
どちらかの住空間を訪れる時は事前に連絡をする、分離部分には勝手に立ち入らない
といったルールも大切なので、それに対応した提案も行っていきます。

二世帯住宅は「広い土地でなければ同居は無理かも」と思っている方も
いらっしゃるようですが、ハウスウェルは狭小住宅の設計・施工の技術もあるので、
狭小地での二世帯住宅も実現できます。

また、標準的な国産部材から、個性的な輸入建材まで、選べる範囲も広いので
どちらの世帯にもお好みのデザインをお選びいただけます。
間取りでは、1階の生活動線と2階の生活動線を同じにしない配置にするなど、
細部にまで配慮しています。

さらに将来、2代、3代と受け継いでいけるよう耐震性や耐久性など構造上の安全性も徹底。
各世帯の暮らし、家族構成が変わった時のリノベーションにも対応しています。


世代も価値観もライフスタイルも異なる家族全員が、
今も未来も安心・快適に暮らしていける二世帯住宅は、
あらゆるご要望にお応えできるハウスウェルにお任せください。

タイトル
タイトル
はじめの一歩
はじめの一歩
はじめの一歩
はじめの一歩
お問い合わせ

ページトップへ戻る